Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 美味しいし・楽しい!!ヨーグルトランド
    Etsuko (08/30)
  • ロサンジェルスといえば、LAドジャースです!!よね
    motoko (08/17)
  • ロサンジェルスといえば、LAドジャースです!!よね
    まつもと (08/14)
  • ロサンジェルスといえば、LAドジャースです!!よね
    motoko (08/13)
  • ロサンジェルスといえば、LAドジャースです!!よね
    Etsuko (08/12)
  • 久しぶりのラスベガス、やっぱりゴージャス
    motoko (07/23)
  • 久しぶりのラスベガス、やっぱりゴージャス
    まつもと@品川 (07/21)
  • 久しぶりのラスベガス、やっぱりゴージャス
    sakamoto (07/20)
  • ビッグベアーマウンテン&レイク
    motoko (03/04)
  • ビッグベアーマウンテン&レイク
    bigmom (03/03)
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
犬達はやっぱり家族
アメリカ大陸を車で横断した7日間の一番の心配は我が家のワンコたち、ジョージオと太陽。車での移動は慣れているとはいえ、7日間、ほとんど車の中。ジョージオはまず問題ないものの、太陽は以前デンバーからポートランドへの移動の3日間、全く食べなくなったということがあって・・・。
犬達もいったい何事・・・!?、って感じていたんだとは思うんです。引越しの業者さんが来て、どんどん荷物がなくなっていくし・・・。
ですが、私達の心配をよそに、落ち着いてホントよい子たちでした。太陽もきちんとエサを食べてくれましたし。やっぱり家族一緒が一番。

ペットは家族と同様と考えるアメリカ。一緒に泊まれるホテルも沢山あり、ホテルの問題は全くなし。いくつか泊まった中でのオススメは、マリオット系列のレジデンスイン。ちょっと静かな場所にあるロケーションもいいですし、お部屋の前に車を止められて、犬と一緒の出入りにもスムーズです。朝ごはん(毎日)と簡単な夕食(月曜日から木曜日)もあり、また小さなキッチンつきの長期滞在用にもなっているので、とても便利です。



お二人様お泊りで・・・す。普段は私達のベッドで一緒に眠ることはないのですが、旅行中は特別。車の後ろに乗っているだけでもかなり疲れているんだと思います。夜はもう二匹ともぐっすり。



高速道路のレストエリアも、犬達のためのウオーキングやエクササイズの場所がほとんどの場所で設けられていました。本当に皆さんペットと一緒に車であちこち移動されるんですよね。
| 太陽&ジョージオ・ワンコ日記 | 08:02 | comments(1) | trackbacks(0) |
おデブになったジョージオのミステリー!事件解決
ラブラドールを知っている方は超納得だと思うのですが、ほとんどのラブの頭の中は“食べること”のみ!!満腹とか、気分が悪いから食べないとか・・・、そういう思考回路はゼロ。褒めてもらえる、とか、撫でてもらえるとか、ましてや私達が喜ぶとか・・・の感覚ではなく、クッキーがもらえるからお座りをする、お手をする・・・なんですよね。
なので、食べないとき・・・はもう本当にお医者様に行かなくてはならない病気なんです。はっきりしてて良いかも知れないのですが・・・。
・・・ジョージオ、ごめんね、ちょっと言い過ぎたかしらねえ・・・・・。

私達が10日間のバケーションを終えて犬達もケンネルから戻ってきて・・・・、で、アレ・・・、ジョージオ、おデブになってる・・・・・太陽は痩せてる・・・・?。
太陽はちょっと痩せた感じはするものの、元気いっぱい。一方、ジョージオは、ゼーゼーと、息をしながら休め状態。普段は公園でも休むことなく走り回るジョージオなんですが。本人も走りたくても走れない情けない顔つきをしています。

忘れてた、ジョージオはラブミックスだった!! で、事件解決。
太陽は神経の細いとことがあって、環境が変わると食べない、エサの匂いが変わると食べない、私達以外からのもらうものは食べない、もちろんお腹がいっぱいになると食べない・・・。他の犬が自分のエサを食べてしまっても気にもしないもの太陽。
なので、ケンネルにいる間、環境が変わってほとんど食べなくなった太陽の分を、ジョージオはやったとばかりに食べてたんですよね。そりゃーー太るはずだあ!!



おもちゃをくわえて休むことなく走り回る、普段のジョージオ。テニスボールなら3個はくわえます。



しばらくのダイエットと運動で今は復活しましたが、ちょっと前までのおデブのジョージオ。本人いわく、“変だなあ・・・、何か疲れちゃうんだよねえ・・・・?”。・・・とゴロゴロ状態。
| 太陽&ジョージオ・ワンコ日記 | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
Vol.4 ドッグパークでブランチ!??
確か2年前だったと思うのですが、ポートランドはドッグフレンドリーの町のナンバー1に選ばれました。
確かにドッグラン(ドッグランといっても日本のイメージとは随分違い、本当に広いんです。ドックパークですね)もあちこちに完備されていますし、犬と一緒に走ったりお散歩できるトレイルなども充実しています。公園には犬用の水のみ場も用意されているので本当に助かります。スーパーの入り口などにもお買い物の間、犬をつなげる場所があり、もちろんワンコ専用のお水のボールも用意されています。
ガソリンスタンドなどでも、車の後ろに乗っている犬達にと、ビスケットをいただいたり。

なんたって一番は、私と二匹の犬達が毎日のように通う近所の公園。この公園のお陰で犬達も思い存分走りまわれ、他の犬達との社交もでき、その関係から犬同士の付き合いを学び、また人との付き合い・・・大人も子供も赤ちゃんも含めて・・・・を学び・・・。我が家の二匹もこの公園でどれだか多くを学んだか!!

犬達だけでなく私もここで沢山の方々と出逢い、情報交換をしたり、時には公園でピクニックをしたり。これからもずっと長く続くであろう友人関係もできました。公園での日常会話のお陰で、英語が上達したって言う嬉しいオマケケつきです。
犬達には人と人を結びつける不思議な力がありますよね。
実はそろそろポートランドを離れる私達ですが、この公園で出会った犬仲間や犬達と離れることが一番寂しいことかも知れません。これから引っ越していく新しい土地でも、我が家のワンコたちが、将来の友人達との縁をとりもってくれることでしょう。



先日公園で行われた私達の犬仲間、サラの結婚お祝いの集まり。公園のピクニックエリアを利用して。中央でお礼のスピーチをしているのがサラ。



40人ぐらい集まったでしょうか?で犬達を入れると、我が家のように二匹飼っているお宅も多いので、40人プラス60匹・・ぐらい・・・・、わあ、今思うとすごい数ですよねえ・・。
| 太陽&ジョージオ・ワンコ日記 | 06:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
Vol.3 太陽
我が家の弟犬、でも立場は上の太陽のお話。

太陽とジョージオを貰い受けるまでに、何回施設に通ったことか・・・。迷っている間に、どんどん引き取り手が決まっていって・・・。6回目の訪問の前に、今日いる犬達の中から二匹を選ぶ、と固い決意をして出かけて出逢ったのが、ジョージオと太陽。ジョージオについては前回お話していますので、今回は太陽の話。
実は一匹は黒以外の犬がほしかった私たちだったのですが、ふっと視線を感じて振り返ったその先で、じーーっと私を見つめ返していたのが、太陽なんです。“わっ、目があっちゃった・・・・”となんだか困ったような思いをしたのを思い出します。
太陽は人間と生活するのは私たちが始めて。最初は、何にでも吠える、子犬もリスも見分けがつかず追いかけまわす、トイレもお構いなしでどこでも、机も時計も何でもかじる・・・、こんな状況でしたが、さすがに賢い犬らしく、一つ一つ良い悪いを確実に学び、身のこなしもエレガントで洗練された犬に成長しました。時々、私の言葉を理解しているのではと、驚いてしまうぐらいの賢さを見せます。
まるで掃除機のようにえさを吸い込むようにして食べるジョージオとは相反して、それはそれはエレガントに味わいながら食べる食事風景は、見とれてしまうほどです。親ばかで申し訳ないのですが・・・。

二匹を引き取るときには私たちも担当者からの面接を受け(きちんと面倒を見られる状態であるかどうか、経済的や環境的など)、引き取ったあとも1ヶ月ほどの間は、フォローの電話が頻繁にかかってきていました。施設の方々の動物に対する愛情が伝わってきますよね。



太陽の名前らしく日向ぼっこが大好きな太陽。一番のお気に入りのおもちゃはテニスボール。
| 太陽&ジョージオ・ワンコ日記 | 05:39 | comments(1) | trackbacks(0) |
ワンコ日記VOL.2   ジョージオ
我が家のお兄ちゃん犬、ジョージオのお話。

いかにもラブラドールのジョージオは、施設にいたときにはぱっと見人気があって、多くの方と面接したそうなんです。が、飛び掛る、興奮してほえるなどなど、あまりにも元気すぎて、なかなか引き取り手が見つからない、残り物状態だったんです。そんなジョージオにレイモンドが愛着を感じて、太陽(私は彼と目が合ってしまって・・・)とともに我が家にやってきました。
当初は、お腹の周りにまだ厚いかさぶたの沢山の傷があり、目は充血して少し飛び出ている状態でした。施設の方の話によると、虐待を受けていたらしく、目の状態は、鎖につながれっぱなしのため、鎖を常にひっぱり、首が締め付けられているためになってしまったのだとか。
そんな苦しい経験にも関わらず、人間大好きで、常に人と一緒にいたい甘えん坊犬です。
いじめられたり、捨てられたりしたのは自分が悪かったからだと思っているらしく、“僕いい子にするから”と必死に訴えてるがために、飛びついたりしていたのかも知れませんね。
今ではすっかり落ち着いて、飛び掛かることも無駄吠えするすることも無く、フリスビーを空中キャッチする得意技を持ち、叱られても、ほめられても、“僕のこと気にかけてくれてありがとう”・・・・なんて喜び!?、かなりお間抜けな、愛嬌のある我が家の大切な一員です。

捨て犬などの施設はアメリカ全土に沢山あり、それぞれがネットワークされています。施設では、どの犬も猫も他の動物たちも、新しい一員として過ごせる家族との出逢いを待っています。施設の担当のかたがたも、少しでも多くの動物たちが里子にもらわれていくように、躾けも含め努力しています。施設で働く人たちはほとんどがボランティアで、施設もまたすべて援助金で運営されています。




ジョージオが大好きなお昼寝ポジション、レイモンドのひざの上で。
私たちとどこか触れていると安心するようで、もうべったりくっついてきます。
| 太陽&ジョージオ・ワンコ日記 | 02:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
ワンコ日記VOL.1   2匹の紹介
捨て犬などを収容する施設から我が家にワンコ達が里子にやってきて、早いものでもう4年が過ぎました。

ラブラドールミックスのジョージオは、ちょっと・・・かなり・・・おばか!?、というか、いくつになっても子供のままで常に興奮状態、頭の中は“食べること”のみ。ベルギーシープドッグミックス(ブラックジャーマンシェパードとのミックスと思っていたのですが、最近になってベルギーシープドッグだと分かったんです)の太陽は、とても賢こく、身のこなしが美しく洗練された感じでですが、ちょっと怖がり。

この対照的なユニークな二匹のコンビは我が家に沢山の笑いとやさしさもたらしてくれています。手間もかかったりするんですけれどね・・・。

この2匹の黒い息子たち?、そしてレイモンドと私の2人と2匹の家族物語。アメリカでのペット事情などなども併せてご紹介していきたいと思っています。“幸せのヒント”とともにお付き合い下さい。
以前のHP“Vol.4、我が家に犬がやってきました”の当時のコラムも併せてどうぞ。







写真のコメント;

ハイキングに行ったときのもの。トレイルを40分ほど歩いて、頂上に。途中、普段は縁のない、鹿、狐などの野生動物たちのにおいが沢山だったらしく、忙しそうに?クンクンしていました。太陽のほうは時々ハンティングモードにもなったり・・・。きっと野鼠を探していたんじゃないかしら・・・?頂上では素晴らしい景色が私たちを迎えてくれ、気持ちの良い空気をいっぱいに楽しんで戻ってきました。

ちなみにこの日の夜、犬たちはもう石のように眠っていました。ジョージオはいびきまでかいて・・・、太陽はまだトレイルを走っているのか、寝ながら時々足が前後に動いたりしていて。この日はペットもOKのB&Bに宿泊したんですが、私たちも穏やかな幸せな夜を過ごしました。

| 太陽&ジョージオ・ワンコ日記 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |


Motoko Hayashi Web site--Vivra Vivre!--All rights reserved. Copyright 2002.2007.