Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 美味しいし・楽しい!!ヨーグルトランド
    Etsuko (08/30)
  • ロサンジェルスといえば、LAドジャースです!!よね
    motoko (08/17)
  • ロサンジェルスといえば、LAドジャースです!!よね
    まつもと (08/14)
  • ロサンジェルスといえば、LAドジャースです!!よね
    motoko (08/13)
  • ロサンジェルスといえば、LAドジャースです!!よね
    Etsuko (08/12)
  • 久しぶりのラスベガス、やっぱりゴージャス
    motoko (07/23)
  • 久しぶりのラスベガス、やっぱりゴージャス
    まつもと@品川 (07/21)
  • 久しぶりのラスベガス、やっぱりゴージャス
    sakamoto (07/20)
  • ビッグベアーマウンテン&レイク
    motoko (03/04)
  • ビッグベアーマウンテン&レイク
    bigmom (03/03)
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
久しぶりのラスベガス、やっぱりゴージャス
我が家のあるカリフォルニアのロングビーチからラスベガスまでは、車で4時間ほど。こんなに近いなら一度は行ってみなくっちゃ・・・・と。15年ぶりぐらいかな・・?
ゴルフ、プールでのんびり、美味しいお食事、ショッピング、そして様々なショー。ギャンブルはやらなくても、楽しみはたくさんです。
私たちはあまりギャンブルには興味がないのですが、せかっくのラスベガス、ということで、20ドルを使って1時間ほど遊でいたかな、のでまあまですよね・・・ハハ。



今回宿泊したのはWYNNの新しいタワーのENCORE。今回はお誕生日ということでラッキーにもアップグレードしてもらえて、超でっかいお部屋に宿泊。写真はリビングスペースなんですが、別に寝室、大きなバスルーム、ゲスト用のバスルーム、でなんとマッサージルームまであって、大きすぎて落ち着かない・・・ハハ。



お部屋の窓からの景色・・・というより、壁全面って感じですが・・・・、床から天井までのガラス張り。このホテルは一番端にあるので、ラスベガスのストリップを一望できて、夜は特にキレイでしたよ。



ストリップの真ん中あたりから見えるWYNNとENCOREのタワー。



今回はWYNNでやっているLE REVEを見ました。水と光、そしてダンサーの人たちの動きはすばらしかったんですが・・・。シルクドソレイユにちょっと似た感じだけれども、シルクドソレイユのほうがもっと洗練されているように感じました。



WYNNホテルの前にるファッションショーというモールの中では、週末になると、本当にファッションショーが開催されます。この写真の中央がせりあがって舞台になるんです。このモールの中はブランド物からカジュアルなものまで、デパートも充実していて、もう何でも揃います。さすがラスベガス!!

| Destination | 08:25 | comments(3) | trackbacks(0) |
星野温泉(軽井沢)トンボの湯
トンボの湯、星野温泉が改装されて日帰り温泉が出来ていた事は知っていたんです。で、軽井沢に家族が来ると、トンボの湯に連れて行ったり、迎えに行ったり・・。でも私はまだ行ったことの無かったトンボの湯。
今回日本に戻っていた際に、たまたま遊びに来ていた30年来の親友が温泉好き・・・で行ってみるかと。はまりました、もう、極楽極楽。こんなに気持ちよくって、リラックスできて・・・はあ、もっと早く来ればよかった・・・!!
トンボの湯の近所に新しくハレニテラスと呼ばれる施設も出来たので、星野温泉で一日一人遊びをしてきました。まずは朝一で温泉、露天風呂とサウナを行ったりきたり。その後はハレニテラスにあるタイ式マッサージ、おそばのお昼を挟んで、ネイルサロンでネイルケア。帰る途中にベーカリーでパンを買って・・・。今度は温泉の後に、丸山コーヒーで美味しいコーヒーと読書もいいなあ・・・。
超回復できた1日になりました。たまにはこんな小贅沢も・・・許されますよね・・・。



この日は朝から雪。露天風呂は独り占め・・・で、もうふはーーー、です。



今すぐにでもこの暖簾をくぐりたい気分です。
| Destination | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
二回目のアメリカ大陸横断・今度は東から西へ
走行距離3283マイル(5253キロ)、9日間で13州をドライブした2回目の大陸横断のレポート。

1日目 バーモントからNY州のバッファローまでの短いドライブ。3日間の引越しを終えて、二人と二匹、大陸横断の旅に出発。



バーモント州のシャルロットからフェリーで対岸のエセックスNYへ。赤い車が私達のタホ



ちょうど紅葉の時期で、曇り空でも紅葉は見事。NYにわたってからの高速道路はそれはそれは美しい紅葉で、二人で声を上げてしまったぐらいきれいでした。
あ、馬車に乗って一般道路を走っている生アーミッシュに遭遇しました。映画で見たことがあるだけだったので、実在しているんだ・・・と感激。

2日目 NY州のバッファローからペンシルベニア州をかすって、義理の妹と甥っ子の住むオハイオ州のクリーブランドへの3時間半ぐらいの短い運転。ドライブの途中で見えてくる、GREAT LAKESの一つ、イリー湖はナカナカの美しさ。



キース・アーバンのワールドツアーのトラックが4台並んで走っていて、関係ないけれどなんだか興奮。ニコールキッドマンの今の旦那様ね。



犬達と甥っ子。みんな元気で、ワンコたちも一緒によく遊んで、順調な2日目終了。

3日目 オハイオ州のクリーブランドを出て、インデジアナ州、イリノイ州を横断して、ミズーリ州セントルイスまでのロングドライブ。



クリーブランドを出て、高速の70番にはいたところで、パンプキンのコンテストに参加すると思われるでっかいお化けパンプキンを運んでいるトラックに遭遇。
イリノイ州からはセントラルタイム。走っていて、突然時間が1時間戻るのは不思議な感覚。インディアナ州、ミズーリ州は高速の両脇は殆どがコーン畑。9時間のドライブ。

4日目 ミズーリ州のセントルイスを出て、カンザスシティーを通過して、カンザス州を横切り、コロラド州すぐ手前のカンザス州のコルビーという町までのロングドライブ。
カンザス州はひまわりの州と言われていて、ひまわりだらけなんですって・・。夏はキレイだったんでしょうね。今回は真っ黒になって枯れているひまわり畑がみえただけですが・・。



コーン畑、牛のだだっ広いファーム、



平らでまっすぐ伸びる高速をただただひた走るのみの約9時間のドライブ。

5日目 カンザス州コルビーから懐かしのコロラド州のデンバー経由でコロラド州のウインターパークにある山の家までのお気楽なドライブ。
カンザス州の途中でコロラド州にはいるちょっと手前でセントラスタイムからマウンテンタイムへ。どうしてコロラド州から変わらないのかしら・・?同じ州内で1時間時間がずれていると不便じゃないのかなあ・・・・?コロラドに入ったら制限速度が75マイル(120キロ)に。みんなもちろん制限速度以上で走っていて、これってすっごく速い。
お昼前には以前住んでいた近所に到着して、お昼を友人達を一緒に楽しく過ごし、レストランを出ることには土砂降りの雨からすっかり快晴!!に。これってコロラドらしい。
その後はウインターパークまで快適なドライブ。やっぱり我が家は落ち着きます。



山の家の大きな窓から見える景色はステキ。四季を通して色々な変化を見せてくれます。
6日目もウインターパークでのんびり過ごし、美味しい朝ごはんをお気に入りのベーカリーでいただいて、知人を訪ねたり、犬たちとお散歩したり・・。ちょっとしたバケーションの2日間。

7日目 コロラド州ウインターパークから、ユタ州のリッチフィールドまでのややロングドライブ。



ウィンターパークでは雪、ロッキー山脈を越える時には(海抜3400メートルぐらい)、29F(マイナス4度Cぐらい)。犬は喜び・・・って感じで、ひさしぶりの雪におおはしゃぎ。
I−70を西に、海抜3000メートルぐらいを登ったり降りたり、右へ左へとくねったり、美しく楽しいドライブがしばらく続き・・・そういえばクルーズコントロールを使わない高速の運転は久しぶり・・・、沢山のスキー場を通り越し、有名なスキー場のヴェイルを越して下りはじめ、2200メートルあたり、一気に45F(8度cぐらい)に、すっごく暑く感じる。



アスペンの黄色もまだ残っていて、ステキ。徐々に乾いた感じの岩のキャニオンに変化。
ユタ州(モルモン教徒の州)に入ってからは、ほぼ平らであっすぐな道が続いて、何も無い、携帯も入らない、GPSも時々フリーズしてしまったり・・・・。気温は一気に70F(23度ぐらい)に。1400メートル。



グランドキャニオン並みの隆起した岩山で、アップダウンが続くようになる。こんなところにも・・・・!!カーボーイ発見。かなり急な斜面に黒い牛達が・・・、引き締まった赤身のお肉・・・かな・・。



気温の温度差、海抜の高低、お天気も色々、めまぐるしい変化の一日終了。
私には、とってもアメリカ!!らしいホテル前の岩とアメリカ国旗。

8日目 ユタ州のリッチフィールドからアリゾナ州をちょっとかすって、ネバダ州のラスベガスまでの5時間ほどの楽勝ドライブ。
西へ西へのI−70からI−15に。これからは南へのドライブ。キャニオンの間を抜けながらアリゾナ州を少し走ってネバダ州へ。



青空とキャニオンの対比がキレイ。サボテンのようなジョシュワツリーが出てきて、あーー砂漠って感じ。大平原をひた走り、気温は90Fに、チョー暑い!!ガソリンスタンドに隣接してカジノがあるのはネバダらしい。
砂漠の中に突然ラスベガスが姿を現す。
お昼過ぎにはホテルに到着、のんびりしてワンコをお部屋に残して、叔父と叔母とチャイニーズで楽しい夕食。落ちついたらラスベガスにショーを観にこられるんだ・・・、楽しみ!!カリフォルニアからはすぐなんです。

9日目 最後のドライブの日、今日はカリフォルニア州、アーバインの仮住まいするアパートまで!!乾いた大平原を走りネバダ州からカリフォルニア州へ。カリフォルニアにはいるすぐ手前に、でっかいカジノのリゾート、最後の最後までネバダ州らしい。
アパートはペット不可なので、長いドライブで毎日違うホテルに泊まって、そのまま知らないケンネルに入れられたワンコたちはちょっとかわいそう・・・だけれども、頑張ってね。

と、お天気にも助けられ、友人達との再会にも元気をもらい、運転しながら歌を合唱し、季節柄、風景も美しく・・・などなど、かなり楽しめた9日間のアメリカ大陸横断のドライブでした。ちなみに私達は“暗くなったら運転しない安全・お楽しみ運転”でしたが、夜も走ったりしたらきっと5日間ぐらいで余裕で横断できるんだと思います。
| Destination | 05:38 | comments(2) | trackbacks(0) |
モントリオール
まだバーモントにいる間にモントリオールにいけて良かった!!
私達が住んでいるところからモントリオールまでは車で2時間もかからない距離。車で国境を越えて別の国にいける、それも日帰りで充分に楽しめる。でも、今回はいけるチャンスがなかったとあきらめていたんですが・・・。
引越し前に朝ごはんを一緒にしようと誘ってくっれた友人のローラ、“えーー、だったら私が運転するから一緒に行こう!!”・・と。女二人の一日モントリオールの旅が実現しました。
モントリオールって言葉の響きだけで、もうワクワク。まずはチャイナタウンに直行して、大好きな飲茶でお昼。急な日程にも関わらず、モントリオールに住む友人家族も参加してくれて。飲茶も最高でしたが、それよりも彼らと会えたことがもう奇跡で、お腹も心も超HAPPY。ランチの後は、友人夫婦が車であちこちドライブしてくれて、モントリオールの町並みを堪能しました。ショッピングもしたし、軽いディナーも楽しんだし。行きも帰りも渋滞を避けた時間で、また月曜日ということもあって、カナダとの国境もスイスイだったし。きちんと計画しても、こんなにスムーズにはいかないんじゃないかしら。
ヨーロッパの雰囲気漂う町並みや人、彼らの装い、聞こえてくるフランス語、彼らが私達に話してくれるフレンチ訛りの英語、ちょっとしたカフェも本当に美味しいし、欲しかったスリムジーンズも超いい感じの物を、それもお得値段でゲットできたし。もう大満足の旅になりました。ローラ、ありがとね。



石畳のオールドタウン。かわいいレストランやショップが沢山。



オールドとモダンが重なった町並み、ほんとステキでした。



美しいモントリオールの町並み。叉いつかも戻ってきたいなあ・・・、そのときはケベックまで足を伸ばせたらいいなあ・・・。

| Destination | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
New York, NY.
飛行機に乗ったら50分もしないうちにJFK。とっても気軽に行けるマンハッタン。
いやーー、歩きました、歩きました。マンハッタンの良いところは地下鉄が便利だし、歩いてもOKなところ。
久しぶりに大都会を味わい、大いに刺激を受けたんですが、のんびりしたバーモントの空港に到着したときには、ああ・・我が家に戻ってきた・・・って感覚があって、私のカントリーライフもいたについてきたのかなあ・・・!?。



今回、飛行機はjetBLUEを利用しました。東中心のエアラインなのですが、これがナカナカ良いのです。フライトアテンダントやパイロットの人たちもジョークを飛ばしたりする和やかな雰囲気、わずか50分足らずのフライトにも関わらずお茶とスナックも用意され、私の一番のお気に入りは、それぞれの座席にテレビがあって、オンタイムで好きな番組が見られること。イヤーフォンは自分で用意するんですが・・・。



業績の良いエアラインらしく、JFKのjetBULE専用の完成したばかりのターミナルには、なんと無印良品なんかもあって、すっきり美しく、ここなら乗り換えの時間も楽しく過ごせそう。



マンハッタンといえば、ホットドッグとプラッツエルの屋台。すっごく美味しいって訳ではないんですが、食べたくなってしまうんですよね。私はプラッツエルにマスタードが好みです。



ホテルのの窓から眺めていると、いイエローキャブの多いこと多いこと。そういえば、マンハッタンの道路はとっても黄色!!それにこんなに渋滞していて道も狭いのにも関わらず、でっかい黒い中が見えないSUVがジャンジャン走ってました。お抱え運転手って感じでしたねえ・・。



久しぶりの地下鉄。トークンが1ドル25セントの頃までは知っているんですが・・・・。今は2ドルで、メトロカードなんですね。地下鉄の乗り換え口でのコンサートもマンハッタンの地下鉄って感じです。バケツをたたいたりしていて、ナカナカの腕前でしたよ。



タイムズスクエアーの半額チケット売り場は、改修工事が終わって、2年半ぶりに復活していました。ここからはタイムズスクエアー全景が見渡せて、マンハッタンにいるって感じが味わえます。この赤いガラス階段の向こう側の下にチケット売り場があります。



東京での展示を終えて、セントラルパーク内に登場したシャネルの移動美術美術館。シャネルらしく、ユニークな発想。これも今回の目的の一つだったんですが長蛇の列であきらめました。警備がすごくってちょっと怖いような重々しい雰囲気でしたが、話してみるとかっこいいお兄ちゃん達のなんと気さくなこと。
| Destination | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
憧れの・・・フロリダ
フロリダといえば、パームスプリングとか、マイアミ、キーウエストとかが有名でしょうか?私たちが訪れたのはフロリダの南西に位置するキャプティバ・アイランド・リゾート。
リラックスした雰囲気と、カジュアルすぎず、洗練されたおしゃれな感などが、いい感じで入り混じっていて、リフレッシュしつつエネルギーも充電できた、良い旅になりました。
何故、みんながフロリダが大好きなのか、納得の旅でした。又必ず訪れたい場所のひとつ。

プールサイドでは、何気にタオルなんかを入れているバッグがエルメスだったり・・・なんてのもみかけたりして・・・ハア。年齢を重ねた女性のなんとまあ美しくゴージャスなこと。頑張らないで、でも気は抜かず、こなれた感じがステキで、超ハンサムなんです。それに、大人のカップルとしての熟成された付き合い方なんかを垣間見て、良い刺激になりました。



私たちのお部屋のまん前、朝日でちょっとオレンジになっている椰子の木と海と桟橋。この桟橋は魚釣り絶好スポットらしく、朝早くから沢山のボートがきていました。
のんびり海を眺めていると、ドルフィンがすぐそこで跳ねたりして、感激。エイも浅瀬に来てたりするので間近で見られます。



プールサイドでのんびり。今回はカバナを借りていたので、冷蔵庫に飲み物は準備され、テレビもあるし、カーテンを閉めてお昼寝もできるし・・と、いたせりつくせり。



鳥達もなれたもので、お食事をしていると、おすそわけ・・・って寄ってくるし、のどか乾くとこんな風にプールのお水を飲んだりしています。でも、プールのお水は少しは薬が入っているはず・・ちょっと心配!?・・・・。



この海は遠浅で小魚も沢山いるので、鳥達も海に飛び込んで魚を取ったり、浜に打ち上げられた小魚を食べたり。人にはとても慣れている様子。又このビーチは美しい貝殻でも有名らしく、私も沢山拾ってきました。お陰で帰りのスーツケースはちょっと重量オーバーになったほど・・・・、貝のせいかなあ・・・!?



パーフェクトな夕日。こんな夕日を見るのは久しぶり。始めて知ったんですが、グリーンフラッシュと言って、夕日が沈んだ直後、海のブルーと夕日のオレンジが重なって、緑の閃光が走ることがあるんですって。この日は残念ながら見られませんでしたが・・・。

| Destination | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナイアガラの滝に行ってきました・・すごい!!
一度は見てみたい、行ってみたいところはいくつかありますが、その一つがナイアガラの滝。それもカナダサイドから見てみたい・・って思っていました。その願いがかなって行ってきました、ナイアガラ。
やっぱりすごい!!カナダサイドから見たので、滝全体が見渡せて、自然は偉大なんだと驚くばかりです。



カナダサイドから見た右手の滝。この日はちょっと風があったので、かなりしぶきが上がっていて、離れた場所から見ている私たちも少し濡れてしまうぐらいでした。



左手の小ぶりな滝。滝のある側はアメリカです。橋を渡った、こんなすぐのところなのに、別の国なんですよね。島国日本で育った私にはなんだか不思議な感覚。



ボートで、おそろいのビニールのレインコートを着て、滝のすぐ下まで行くミニツアー(一枚目の写真のボートの位置辺りまで)。レンコートが無かったら、ずぶぬれ状態になります。



滝のすぐ下のデッキに出て滝を身近に見られます。ここもずぶぬれ状態は同じ。



こんなすごい自然のまん前には、カジノやホテルのでっかいのがいくつもあって・・・・。大自然のど真ん中に滝があるって勝手に思い込んでいたので、イメージが少し狂ってしまいましたが・・・・。
| Destination | 09:54 | comments(1) | trackbacks(0) |
結構楽しめたアメリカ大陸・車で横断の旅
アメリカ大陸を車で横断した7日間は、二人と二匹、体調もまずまずで、思いのほか楽しく順調な旅となりました。夜は運転しない、という無理をしないのんびりムードの運転計画も良かったんだと思いますし、また、真冬のスノウストームが沢山やってくる中、悪天候とは1日ぐらい前か後ろにずれていて、遭遇することもなく、太陽の光の中ドライブできたという、なんともラッキーな旅でした。出発地のオレゴン州、そして到着地のバーモントを含めて、14州をドライブしたことになります。
2月24日の朝6時過ぎにオレゴン州のポートランドを出発して、アイダホ州、ユタ州(ソルトレイクシティーで一泊)、ワイオミング州(シャイアンで一泊)、ネブラスカ州(オマハで一泊)、アイオワ州、イリノイ州(シカゴで一泊)、インディアナ州、オハイオ州(クリーブランドで一泊、ここに住むレイモンドの妹と甥っ子と夕食というオマケつき)、ペンシルベニア州、ニューヨーク州(アルバニーで一泊)、そしてバーモント州、バーリントンに3月1日のお昼ごろ到着。
アメリカは50州、これを考えると1週間の旅でもたったの14州・・・・?って感じで、改めてアメリカは大きいと実感してしまいました。
地図でチェックしてみてくださいね。

食い意地の張っている私には、きちんと食事が取れない・・・ってことが一番大変だったことでしょうか・・・?NYのアルバニーのホテルでは、親子どんとカツどん、そして枝豆のデリバリーを頼んで、久しぶりのご飯ものにほっとしたことを覚えています。かなりの幸せ気分でした。



ワイオミング(アメリカで一番人口の少ない州)には沢山の風力発電があり、これがなかなか美しい光景だったんです。このあたりは360度地平線が見える・・・んです。想像つきますか?



真冬の極寒の中の運転らしく、私達の車は道路にまかれている塩で真っ白の状態。でもってでっかいトラックから飛んできた石でフロントガラスにひびが入ってしまうという、ちょっとしたアクシデントもありました。が、これぐらいなら大したことではないですよね。7日間お疲れ様でした!!
| Destination | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) |


Motoko Hayashi Web site--Vivra Vivre!--All rights reserved. Copyright 2002.2007.